2009年07月28日

蝉時雨のアーチをくぐって

蝉時雨のアーチをくぐって
彼方と此方が近くなる季節

目が開けられないほどのまぶしい陽光も
強制的に思考を停止させるような暑さも

かみさまの慈悲なのかもしれない
posted by ホワイトビア at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

私たちは呼吸を止めようとしているのかもしれない。

私たちは呼吸を止めようとしているのかもしれない。

吸うためには、吐かなきゃならない。
吐くためには、吸わなきゃらならない。

私たちは、吐くことを恐れているのかもしれない。
まるで自分を失うことのように感じられて。

私たちは、吸うことを恐れているのかもしれない。
まるで侵入されることのように感じられて。

私たちは、自分を守ろうと必死になって
呼吸をすることを恐れているのかもしれない。

誰とも本当の意味では交わらないまま
失うことも侵入されることも拒んだ牙城で
息を押し殺して、死につつあるのかもしれない。
posted by ホワイトビア at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。