2008年12月08日

私にできることは結局

私にできることは結局
信じて待つということだけ。

そこには
風も吹かず
陽も射さず
雨も降らず
地は乾いて
何も動かずに

まるで死んでいるように見えても
誰もそこに生命が芽吹くなどと想像しなくとも

私は信じて待つことしかできない。

そこに眠るかもしれない種はどんな形だろう
いつか、硬く冷たい地を割って頭を出す芽の力はどれくらいだろう
初めて空気に触れて、そっと開く葉はどんな色だろう

私には、信じて待つことができる。

あなたの歩みを、あなたの思う動きを、あなた自身の人生が
いつか花咲くのを。
posted by ホワイトビア at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110899575

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。