2006年05月04日

背負うてきたもの

背負うてきたもの、捨てたもの。
引き受けたもの、離れたもの。

人のせいにしてぐだぐだと
恨みがましい目を身に付けてきたのは
他でもない、私だ。

原因を外にみつけては安心してきた。
幸せになんか、目もくれてなかった。
逃げることと責任転嫁が十八番。

私のことを
強いから、しっかりしているから、わかってるから
と、言うのはもうやめてと、思ってきた。
そんな像で私を縛っているのは、私自身なんだろう。
強くあり、しっかりし、わかる人としてしか
受け入れられないと、自分を縛ってきたのだろう。
posted by ホワイトビア at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。