2006年10月24日

息を吸ったら、そのまま吐こう。

息を吸ったら、そのまま吐こう。
手に入れたら、そのまま手放そう。
理解したら、そのまま疑おう。

今、私の所有しているすべてを
次の瞬間に捨ててしまおう。

そうしてその次に、
全てを吸収して新しいもので私を満たそう。

おわりまで繰り返してゆこう。
無菌室を後にして、生と死が廻る現実をゆこう。
posted by ホワイトビア at 20:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

いつかは、息を吸ったその先に
Excerpt: いつの間にかに、引っ越すことができないくらに増えていく荷物。ひとつひとつが思い出の品々であり、中々捨てられないもの、無駄なもの、いろんなものがある。でも、いつかは捨てねばならないだろうこれらを捨てくれ..
Weblog: SWEETHEART
Tracked: 2006-10-25 12:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。