2006年11月21日

ODAに物申す。

ODAに物申す。

久しぶりにニュース関連です。
特にニュースになってる話題ではありませんが。
かねてから、気になっていたことを書きます。

ODA=政府開発援助
(ODAで検索すれば引っかかります)
平たく言えば、発展途上国にお金を援助する政府の取り組みである。
2003年の実績は、88.8億ドルでアメリカに次ぐ世界第2位の援助国である。

お金をばらまくことが「善行」なのかどうかすら
私は疑わしく感じるのだが、
読んで驚いたのは、以下のQ&A。


Q.日本国内でも不況が続き、
財政状況が厳しいなか、
なぜ途上国への援助が必要なのですか。

A.日本の国際的信頼を高めるとともに、
国際社会の安定と平和に寄与するためです。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/index/nyumon/oda.html
(HPより抜粋。PDF形式です)

これを読んで、みなさんはどう感じるのだろうか。

…日本は、「お友達と仲良くするには、お金をあげましょう。そうすれば、波風立たずに仲良くできます」と、国家が声高に主張し、実践している国なのである(くどいけど、その金額は現在世界二位。2001年までは世界一位だった)。

おまけに、中国を例に挙げると
そのお金で中国は高速道路を建設したらしいのだが
その高速道路は、ミサイル戦車が通れる特殊な道路で
それを記念して式典なんかが開かれるそうである。
ミサイルの照準はどこに合わせられているかぞごんじだろうか?
…わが国である。

友達と仲良くするために渡したお金は
自分を攻撃するための武器となった。
おまけに、従軍慰安婦問題では被害者面してまだお金をせびる気である。
(これは話がそれた)

日本という国は、トップダウン形式で腐ってしまうのだろうか。

友達と仲良くするにはどうしたらいい?

最近また、いじめによる自殺問題が取りざたされている。
私が高校生のころだったろうか
いじめを苦に自殺した子どもの遺書が
新聞の三面記事に、直筆のまま大きく掲載されていた。
大河内くん、という名前だったと記憶している。
非常に心に突き刺さるもので、私は食い入るように見ていた。
(「大河内 自殺」で検索すると、ひっかかります)

友達と、仲良くするには、どうしたらいい?
阿部首相とブッシュの握手は、空々しかった。
子どもも立ちすくんで身動きがとれないでいる。
大人も右往左往して他人のご機嫌をうかがってばかりいる。

カネと暴力でねじ伏せるやり方は汚いって
そろそろ違う価値観が生まれてもいい頃だと思う。
posted by ホワイトビア at 20:14| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アタシは簡単なこともわからないおバカさんだけど、
この話し見て目を疑いました。

日本、何をやってんだろう…。
Posted by キノミ at 2006年11月22日 21:35
コメント、ありがとうございます。
「なにやってんだろう」って
感じていただけたなら、嬉しい限りです。

ODAは、「お金をばらまいたって、誰も味方になってくれないよ」っていう文脈で批判されることが多いです。確かに、北朝鮮のミサイル発射への対応でさえ、日本はアジアを扇動できていません。

だけど、私が今回の記事で言いたかったのは
「友達と仲良くするには、どうしたらいいの」
っていう疑問の提示です。


おバカさんなんかじゃありません。
「なにやってんだろう」って
感じる自分の心を大切に大切にしてください!
Posted by ホワイトビア at 2006年11月22日 23:14
そう!

友達と仲良くするには…

って言葉を連れて来て提示しているその思考回路がまた恐ろしいと思いました。
なんか、とんでもなく壊れている気がします。

大切な話しをありがとうございますm(__)m
Posted by キノミ at 2006年11月24日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。