2010年05月08日

空にない色はない、と思った。

空にない色はない、と思った。

飽きもせずに空を見上げて、その色を点検していた。
私の知っている以上を含みこんでいるようで。
世界は私の眼前にあるのだと思って。

空にない色はない、と思った。

もう随分、長い間空を見上げていなかったようだ。
風は変わらず渡っていて、空は変わらず広がっていた。
幼いころ立ち止まって見上げて、思っていた空。

いつか、空の絵を描きに行こう。
スケッチブックを持って、手をつないで行こう。
広がる世界はどこまでも広く
私の小さなこころはいつまでも震えて。

止まない場所、とどまらない風、聞こえ続ける歌。あなたの手。
終わらない時、途切れない視線、つむがれ続ける吐息。あなたの。

この扉が開く。スケッチブックを持って、手をつないで出かけよう。
RIMG0106.JPG
posted by ホワイトビア at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

いつも何かをやり残していたような気がして

いつも何かをやり残していたような気がして
不満足な後ろ髪を引かれながらその場を後にしていた。

私はいつも、振り返りながら進んでいて
この先に待つものへのワクワクした気持ちや
今、隣にいる人への笑顔を忘れていたのだ。

私がやり残しているものはきっと
今を大切に生きるということ。

そうだ、うん、踏み出した後ろのことはそれでいいって
踏み出す先には私を待っていてくれるものがあるって
そして今、あなたと笑いあっているんだって
身体全体でそう感じられる瞬間を、ただ受け入れて、スキップ。

IMG_0324.JPG
posted by ホワイトビア at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

真実の探求

RIMG0287.JPG

真実の探求

誰も知らない
誰も想像しない
世界の法則の探求

問うことを諦めたときに
死んでしまう私の脳は
いつまで生き続けていられるだろう
いつまで答えのない世界に
漂い続けていられるだろう?

真実を知りたい。
あなたの感じるままを知りたい。
答えなんていらない。
あなたの見るままを見たい。
いつまでもどこまでも
ただ、あなたと触れたい。

あなたも知らないあなたと
その向こうに透けて見える
世界の真実を、私は知りたい。
posted by ホワイトビア at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

それが別れなら

それが別れなら
まっすぐサヨナラを言おう。

そこから私の新しい人生が始まるなら
これが私の選んだものだと
胸を張って言おう。

どんな確率論も意味をなさない
ひとつきりの私の道を
正々堂々と生きよう。

RIMG0255.JPG
posted by ホワイトビア at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

あの色を見て決めたことがあって。

DSCF0032.JPG

あの色を見て決めたことがあって。
海は何も言わなかったけど。
私が、そうだと、あの光を見て思ったのだから。


それでも私は我侭で。
あのとき信じたものが
今、現実となってここにあって
私はあまりにも、ちっぽけでちからなく
うなだれるしかなくて。

それでもあの海は、きっと今も、輝いているのだろう。
誰かを励ましているのだろう、勇気付けているのだろう。
あのときの私の背を押したように。
今も波は、打ち寄せているのだろう、なめらかな美しさで。

posted by ホワイトビア at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

光った気がして目を開けたら

RIMG0043.JPG

光った気がして目を開けたら真っ暗闇だった。

もう一度目を閉じて見えたものは兎だった。
すぐにぼやけて消えて、私は取り残された気分だった。

呼ばれた気がして見上げたら、青空がただ広がっていた。

もう一度うつむいて感じたのはあたたかさだった。
すぐにぼやけて消えて、私は。

私は、舟を漕いでいた。青空を抜けて、少し馬鹿げていた。
自分の力で漕いできたと思っていたけれど
ずいぶん風が吹いていたんだ。それは素敵な風だった。

1人ではたどり着けない場所へ。
1人では見られなかった景色へ。

1人では感じられなかった温度を、運んでくれた風に
ありがとうとつぶやいて、すぐにぼやけて消えて、私は。
posted by ホワイトビア at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

出会いの一瞬を逃しちゃいけない。

DSCF0055.JPG

出会いの一瞬を逃しちゃいけない。
後悔なんてもう数え切れないほどしてきて
そんなこと嫌っていうくらい、わかってる。

向けられた笑顔に100%の私で応えるために
いつでもフットワークを軽くしておかなくちゃいけない。

百回シャッターを切って
満足のいく写真は一枚かもしれない。
それでもシャッターから指を離さないで
対象をフレームから外さないで
私が撮りたいのはあなただって、伝え続けてゆこう。
posted by ホワイトビア at 10:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

社会通念にとらわれて生きて

DSCF0018.JPG
社会通念にとらわれて生きて
誰かに与えられた枠に納まって生きて
そうして死ぬまで生きることになりはしないか?

私が見たいなら、私が目を向けるしかない。
私が行きたいなら、私が歩くしかない。

世界が私を呼んでいる。
この美しい世界が、私なんかを呼んでいる。

だったらゆこう。
醜い存在のままでもかまわない。
笑顔と歌をたずさえて、スキップを踏んで。
posted by ホワイトビア at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

思考の開放。

200808151147000.jpg

思考の開放。
枠が薄らぎ、自由を獲得する。
考えは広がり、思いはにじむ。
どこでもない場所へゆく。
誰でもない人になる。

思考の収束。
境界が明確になり、規律を獲得する。
考えはまとまり、思いは光る。
ここでしかない場所に立つ。
私でしかない人になる。

繰り返し、波打ち、私は流され、たどり着く。
そうして再び旅立つだろう。

私は踏み出し、そして、後退する。
私はうなずき、そして、首を振る。

いつか花が、咲きますようにと祈りながら。
posted by ホワイトビア at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

緑が降り注いで

DSCF2554.JPG


緑が降り注いで
私なんかにも惜しみなくて。

光がやわらかく
風が心地よく
雨が楽しげに遊んでいる。

私がいても、平気な顔で遊んでいる。

私の汗と涙も、自然に溶けることができるだろうか。
私の喜びや、悲しみや、怒りも、自然に混ざることができるだろうか。

私の言葉も、いつか自然に還ることができるのだろうか。
posted by ホワイトビア at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

見上げる。まぶしくてもいい。

DSCF2419.JPG

見上げる。まぶしくてもいい。
そんなことを思えてしまうくらいに。
posted by ホワイトビア at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

らくがきです。

らくがき080316.JPG

らくがきです。
posted by ホワイトビア at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

私は人生に、感謝をし始める。

私は人生に、感謝をし始める。
愚かしいけれど、私にはこれだけの月日が必要だった。

ここに、生きていて、よかった。

そうして新しい年を迎え、また歳をとるときに
私は新しい私を見るかもしれない。
かわりばえのしない私を見るかもしれない。
汚い私を見るかもしれない。

でも大丈夫、私には必要な時間になる。

ここまでたどり着かせてくれた
これまで出合ったすべての人に、ありがとう。
posted by ホワイトビア at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

わかりあおう、と

DSCF00471.JPG

わかりあおう、と努力しあった仲から
別れ別れになるのは苦しい。

仲良くなろう、と近づいたのに
私には受け入れられない要求を持ち出されて
それを拒否するのは悲しい。

ひどくひどく、ひどく
身体が重く、こころが息苦しい。

どこかで重なる私たちの道。
どこかで離れる私たちの道。
ハロー、それからグッバイ。
私の意思よ、どうか逃げ込まずに。
posted by ホワイトビア at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

常識の枠を取り外せ。

DSCF0072.JPG

常識の枠を取り外せ。
自分を守ってる殻を破れ。
自由に生きろ。
自分で選んで進め。

そしていつか、
どこかで出会おう。
posted by ホワイトビア at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

沖縄離島のオモヒデ。

沖縄離島のオモヒデ。

p050707.JPG
posted by ホワイトビア at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

沖縄の離島。

沖縄の離島の写真です。
一人旅というのは、いいものだ。

p050629.JPG
posted by ホワイトビア at 13:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

夏至、キャンドルナイト。

6月21日は夏至でキャンドルナイトでした。
これに(一人で勝手に)参加するのは、2回目か3回目(記憶が…)。

「電気を消して、スローな夜を」
キャンドルナイトとは→ http://www.candle-night.org/

p050621-01.JPG

p050621-02.JPG
posted by ホワイトビア at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

みどりろり〜な、写真。

みどりろり〜な、写真。
でかいかもしれない。

050618-01.JPG

050618-02.JPG

050618-03.JPG
posted by ホワイトビア at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

写真を載せてみます。

写真を載せてみます。

p050615-03.JPG

p050615-02.JPG

p050615-01.JPG
posted by ホワイトビア at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。