2008年10月24日

視覚からの情報が私を支配する。

視覚からの情報が私を支配する。

私は目に見えるものに反応し、
それをもっと見ていたいと感じたり、
目をそむけたいと感じたりする。

愛しみや、憎しみが、私の目から、侵入する。

そして私は目を閉じる。

視覚からの情報が、私から遠ざかる。

私はまるで、真実に近づいたかのように感じる。

それが錯覚だったと知るのは、いつになるのだろう。
新たな真実に触れたと感じるときは、いつになるのだろう。
私が、目を開けていても、閉じていても、愛せるのは
いったいいつに、なるのだろう。

posted by ホワイトビア at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

出会いの一瞬を逃しちゃいけない。

DSCF0055.JPG

出会いの一瞬を逃しちゃいけない。
後悔なんてもう数え切れないほどしてきて
そんなこと嫌っていうくらい、わかってる。

向けられた笑顔に100%の私で応えるために
いつでもフットワークを軽くしておかなくちゃいけない。

百回シャッターを切って
満足のいく写真は一枚かもしれない。
それでもシャッターから指を離さないで
対象をフレームから外さないで
私が撮りたいのはあなただって、伝え続けてゆこう。
posted by ホワイトビア at 10:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

社会通念にとらわれて生きて

DSCF0018.JPG
社会通念にとらわれて生きて
誰かに与えられた枠に納まって生きて
そうして死ぬまで生きることになりはしないか?

私が見たいなら、私が目を向けるしかない。
私が行きたいなら、私が歩くしかない。

世界が私を呼んでいる。
この美しい世界が、私なんかを呼んでいる。

だったらゆこう。
醜い存在のままでもかまわない。
笑顔と歌をたずさえて、スキップを踏んで。
posted by ホワイトビア at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

出し惜しみなんてするな。

出し惜しみなんてするな。
全力で挑んで負けるのが怖いんでしょう?

出し惜しみなんてするな。
余ったエネルギーは賞味期限が切れて捨てちゃうんでしょう?

出し惜しみなんてするな。
自分に嘘をつくな。気持ちに背を向けるな。
あなたのベストを尽くせ。弱いあなたでも、構うもんか。
posted by ホワイトビア at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

思考の開放。

200808151147000.jpg

思考の開放。
枠が薄らぎ、自由を獲得する。
考えは広がり、思いはにじむ。
どこでもない場所へゆく。
誰でもない人になる。

思考の収束。
境界が明確になり、規律を獲得する。
考えはまとまり、思いは光る。
ここでしかない場所に立つ。
私でしかない人になる。

繰り返し、波打ち、私は流され、たどり着く。
そうして再び旅立つだろう。

私は踏み出し、そして、後退する。
私はうなずき、そして、首を振る。

いつか花が、咲きますようにと祈りながら。
posted by ホワイトビア at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

私の中のヒロイズム。

私の中のヒロイズム。
何度も点検したはずなのに
いまだにどこかに、はびこっている。

大風呂敷を広げては
ふと気づいて、顔を赤らめながら謝っていた。

できない自分を認めながら
どこかで、やればできるって思っていた。

「どこまでも平凡な自分」は
私にさえも目を向けられずに捨てられたまま。

きっと、平凡な私が、平凡な人生を送るのだろう。
人並みに恋して、人並みに悔やんで、人並みに生きるのだろう。

私の中のヒロイズム。
無理に殺したりせず、恥ずかしいけれど私なんだって
いつか受け入れて、そんな平凡を顔を上げて生きる日を待っている。
posted by ホワイトビア at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

気持ちの上でまだ

気持ちの上でまだ別れることができていないなら
私はこれまで、誰とも別れることのないように
慎重に出会うことしかしなかったろう。

きっと、それは真の出会いではなくて
私はただ、たくさんの人とすれ違ってきただけなのだろう。

別れの痛みを引き受けよう。
もう取り返しのつかない出会いと別れを受け止めよう。

私の前方に広がるもの。
それは平凡でありきたりで、
特に誰かに注目されるようなものでもないけれど。
確かに私の、前方に広がっているもの。
ここにいる私の、いとおしいもの。
posted by ホワイトビア at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

正解がある、と

正解がある、と教えられて
隠された正解を当てたらお金がもらえるゲームに
組み込まれた私たちは
私とあなたの間で何が生まれるかなんて
考えもしない道を歩いている。

浅はかな私のロジック。
そうやって人のせいにしてきた。

隠された正解を探そうとしたのも
与えられたお金に飛びついたのも
ここにいる私自身だ。

もっと自由に思考できる。
もっと自由に動ける。
もっと自由に言葉を選べる。

最初から、手にしているのは自由だけで
その自由を捨てながら生きてきた。

それが正解か、なんて気にしなくていい。
それが私のものか、なんて気にしなくていい。
自分でもまだ気づき得ない自分に忠実であろう。
posted by ホワイトビア at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

人の真似がやたらと上手かった。

人の真似がやたらと上手かった。
気づいたら「自分」なんて当の昔に忘れてた。

あの人にはこう振舞って
この人にはこう笑って
そんなことしてるうちに、
みんなで一緒にいることができなくなってた。

空っぽな私が暴かれる。

覚悟を決めれば、恐れは心地よい解放に変わる。
空っぽな私。これから「私」になってゆくなんて今更恥ずかしいけれど。
仕方ない、自分で殺した自分だもの。
自分で大切にしてゆくしかない。
posted by ホワイトビア at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

我侭を言わせてもらえる場所

我侭を言わせてもらえる場所なんてない。
話を聞いてもらえる時間なんてない。

自分が自分に我侭を言わなくちゃ。
自分が自分の話を聞かなくちゃ。

ひとりで生きていけるように、ここで。
もうこれから、何も得なくても大丈夫。
もうこれから、全てを失っても。

大丈夫だって、自分で約束してあげなくちゃ。
posted by ホワイトビア at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。